紅茶専門店 Anna Maria

facebookページはこちら

Anna Mariaについて

店主紹介

東京都出身 主婦業の傍ら英会話講師などを経て、2005年1月1日、京都嵐山に紅茶専門店AnnaMariaを開店する。
開店の前年2004年8月に渡英。バッキンガム宮殿近くのレインズバラセントレジスホテルに滞在し、英国式紅茶を体験をする。
2004年8月ロンドン ブラマーティースクールにて ディプロマ取得
2009年8月東京銀座リプトンティースクールギンザ紅茶教室にてティーコーディネーター ディプロマ取得
2009年11月スパイスコーディネーター協会にてスパイスコーディネーター、2010年4月にスパイスコーディネーターマスターのディプロマ取得
京都商工会議所会員
趣味 俳句

本当においしい紅茶をくつろいだ雰囲気で楽しんでいただきたい

店主のそのような思いから紅茶専門店AnnaMariaは誕生しました。
開店前に特に意識していたわけではありませんが、英国で花開いた紅茶文化、そして日本で発展した茶の湯の文化、この二つの文化を融合させた結果が紅茶専門店AnnaMariaかもしれません。
喫茶去、一期一会という茶の湯の精神を踏襲し、努めて店主自らお茶を淹れるように心がけています。

嵐山散策でお疲れになった時、或いは気分転換に、どうぞAnnaMariaの特選紅茶で癒しのひと時をお過ごしくださいませ。
紅茶によく合う素朴な自家製菓子をご用意して皆様のお越しをお待ち申し上げております。

AnnaMaria の名前の由来

19世紀の中ごろ、一日の食事が2回だけだったイギリスで、夕方5時ごろの空腹に耐えかねた第7代ベッドフォード公爵夫人のアンナマリアが、メイドに紅茶とケーキを持ってくるようにと言ったのがアフタヌーンティーの始まりだといわれています。(Suzan Cohen著”Where to Take Tea”, New Holland Publishers (UK) (2003)より)
紅茶専門店AnnaMariaはこのアフタヌーンティーの創始者のAnnaMaria(アンナマリア)の名前にちなんでつけられました。

AnnaMariaの庭について

Anna Mariaの庭園は2002年藍綬褒章を受章された「宏歸流 京都 庭常」の二代目平岡宏歸氏によって1982年に作庭された枯山水庭園です。
中央の枯山水は、川と、中央に舟を、手前に船着き場を表す平らな石を配し、対岸の丘には七福神を象徴する七つの岩が配されています。

この庭は、それ以来三代目平岡佳道氏によって維持されています。
http://niwatune.com/wp/